バジル(スイートバジル)

毎年畑で育てているバジル。
コンパニオンプランツとしてトマトの隣がいつもの場所。
今年はまずまずの収穫量でした(^^)
d0198667_22281083.jpg
d0198667_22281857.jpg
収穫した葉は生のままトマト料理に使ったり、バジルソースにしたり、ドライにしたり。
d0198667_22284770.jpg
友達からおすそ分けしてもらったセージとバジルソースを使ってのソーセージ作りも楽しみました(^^)

そして今年はバジルティーとティンクチャー作りの楽しみもプラスして、
バジルの使い方も広がりました。
d0198667_22285747.jpg
バジルのハーブティーは生の葉をちぎって、またはドライをポットに入れて熱湯を注ぐだけ。
バジル独特のスパイシーで爽やかな香りが好きですね(^^)

バジルは消化を促して胃腸のトラブルを緩和してくれます。
また、自律神経を調整してくれるのでイライラや集中がなくなったときに良いです。

私は朝のスタートをスッキリとさせたいときに飲んでいます。
バジルティーはドライハーブよりも生の葉を使うのが好きですね~(*^^*)
この夏はほんとお世話になりました♪

d0198667_22290724.jpg
ティンクチャー(チンキ)はアルコールに浸して成分を抽出させたものです。
水溶性と油溶性の成分を取り出せること、アルコール抽出なので約1年間保存できるのがいいですね。

教えてもらったレシピをご紹介(^^)
1. 梅酒などを作るホワイトリカー200ccにハーブ(生の葉であれば25g、ドライであれば15g)を入れる。
(液に葉が浸かったほうがいいと思うので、ホワイトリカーの量はその都度調整してます。)
2. 1日1回くらい振り混ぜて、2週間仕込んで完成☆
3.葉を取り出して、適した保存瓶に入れて冷暗所で保存します。

d0198667_22291615.jpg
2週間経つとコーヒーのような茶色い液になります。
先にレモンバームのティンクチャーも作りましたが、レモンバームの香りはなく、
いかにも薬草!って感じの香り。
でも、バジルのティンクチャーはしっかりとバジルの香りが残ってました。


さてさて、このティンクチャーの使い方ですが、
①いつものお茶に数滴いれて飲む(アルコールなので量に注意!)。
 数滴であれば紅茶の味が変わりませんでした。
 毎回ハーブティーを入れるのが面倒だったり、ハーブティーの味が好きでない人も
 普段の飲み物に入れることでハーブの力をもらえますね(^^)

②スプレーを作る。
 ティンクチャーを4~10倍の精製水で薄めて利用します。
 ルームスプレーにつかったり、バジルは筋肉や関節のケアにも使えるそうなので
 疲れたときにいいかもしれませんね。(お肌弱い方は希釈を調節してくださいね)
 希釈液は1週間で使い切いきるようにしてください。

③お風呂に入れる
 数滴、アロマバスのように利用もできます。

※アルコール弱い方や乳幼児、妊娠・授乳中の方は避けたほうがよいので
使い方に注意してくださいね。

私もあれこれ試しています(^^)
次はセージのドライを使って作ってみようと思います♪


d0198667_22292767.jpg
こちらもバジル。ホーリーバジル(トゥルシー)です。今年苗を1株購入して育ててみました。
スイートバジルとは違う、やわらかな葉と甘い香り。淡い紫色の花を咲かせました(^^)

インドでは蓮の次に聖なる植物とされているそうで、家を守り、幸運をもたらすと伝えられています。
種を土にまいて自然に育てると、その家の土地の磁場が整い幸せなエネルギーが満ちるとも言われているそうです。

ほんと良い香りなので、群生したら確かに幸せな気持ちになると思うなぁ~

d0198667_22293650.jpg
小さな小さな種、来年のために採取しました(^^)
一株からたくさんの幸せが育ちますように☆

【バジル(スイートバジル)】
■学名:Ocimum basilicum
■分類:シソ科メボウキ属
■和名:メボウキ
■原産地:インド、熱帯アジア
■古代ギリシャ語で「王」を意味する「バジレウス」が語源。古くから「王様の薬草」として使われていた。

[PR]
by yumi-koma | 2014-09-04 23:57 | 花と緑

kotokotoブログ 描いてみること、花と緑のある暮らし


by yumi
プロフィールを見る