カテゴリ:日々のこと( 80 )

夢ノート

こんにちは。
先週末は久々に(ほんと久々!)友達と夜飲み会してきました。
それぞれが歩んでいる道や夢を語り合える友たちですから、
いろいろ聞き、話して。

「うん、またがんばろう!」

いい想いも、ざわざわしちゃう思いも、話して手放す。
心にいい感じにスペースが出来ました(^^)
そのスペース。
いい想いは新たな気持ちで丁寧に受けとめながら、
さらなるいい想いにつなげていくために空けておいたら、、、
「!☆☆☆」
あ、これやってみたい!という思いがポンッ!と入ってきました。
おお~っ!胸がドキドキ。この感覚久々☆
今週はこのいい感覚を持ちながら過ごしていこうと思います(^^)
みんな、いつもありがとう!



そして先日、
『幸せ舞い込む魔法の夢ノート』のキーワードで
このkotokotoブログにたどりついてくださった方から
メッセージをいただきました。

きっと去年の冬に掲載した記事を読んでくださったのだと思います。
ありがとうございます。

気になるものや好きな写真などを雑誌から切り抜き、
ノートに貼っていく夢ノート。出会ったのは3年前です。
頭のなかや紙に書きだすのとはまた違った見方で
視覚的に自分はこうありたい、こうしたい。が見えてきます。

夢ノートはただ切り貼りして終わりでなく、
ナビゲーターの方による夢を叶えるためのワークや、
切り貼りした自分の夢を語り合ったりと充実した内容の講座です(^^)


夢ノートを受講したときの記事を久々に読んで、
あのときの『描くひとになりたい!』の気持ちにあらためてドキドキ(笑)

あれから2年近く経とうとしています。

“自分軸に沿っての描くひと”
まさに今、その想いを感じながらひとつひとつ歩みを進めています。
紆余曲折の道をたどりながらですが、それがあってこその今だと感じています。


夢ノートのナビゲーターさんは各地にいらっしゃいますが、
友人も夢ノートマスターとして活躍されています(^^)
■sweet angel nanaさん http://ameblo.jp/nana-77-sweet-angel/

また、新たなカタチで夢を応援している友人たちも活躍しています♪
■Tiempofino まなみさん  http://tiempofino.jimdo.com/
■ももせ ちえこさん http://ameblo.jp/yume-cocoro-support/

皆さん、それぞれの個性と想いで活動されていますので、
夢ノートという同じツールでも内容や雰囲気が違います。
それぞれにとても魅力的なんです(*^^*)

夢ノート、私は受講してとても良かったです。
そう!夜飲み会のみんなも夢ノート持ってます(^^)
ご興味を持たれていて、いつかは受講したい!とのメッセージでしたので、
素晴らしい出会いとなりますように。

ブログを見ていただき、あたたかい絵だと感じてくださり、
ありがとうございました。

[PR]
by yumi-koma | 2014-11-17 17:04 | 日々のこと

友人たちの作品展

今月開催されています友人たちの作品展。
伺ってきました(^^)

昨日はパステル和アート講師で活躍されているさわさんの
d0198667_06552357.jpg
松本市美術館などで開催されている講座『こどもぱすてるアート』に
参加されている親子さんとさわさんの作品約40点が展示されています。
小学生もここまで表現できるの!?と魅入ってしまう作品ぞろい!
講師さわさんの“ベンチと銀杏”、素敵だったなぁ~♪
春夏秋冬。それぞれの彩りに和み、めぐる季節が楽しみになりました(*^^*)

パステル和みアートにご興味ある方、楽しまれている方、
実際にみて和みアートを体感してみてください(^^)
■11月15日(土)~12月2日(火)
 craft 松本アトリウムにて(水曜・木曜定休)
 24日(月・祝)は和みアートを体験できるワークショップもあるそうです♪


*************
布作家、そして和みアート準インストラクターでもあるkuru3さんと
松本在住のアクセサリー作家Shihoさんの ふたり展。
ナチュラルベーグル歌さんで29日まで開催中です(^^)
d0198667_06553150.jpg
kuru3さんの作る服はナチュラルで丁寧。
そしてデザインや小物使いにさりげなーくkuru3ワールドがちりばめられていて、
見つけるたびに嬉しくなっちゃいます(*^^*)
Shihoさんの天然石アクセサリーは優しく寄り添ってくれるよう。
ひとつひとつ丁寧で、気持ちがやわらかになりました(*^^*)

また伺います♪


[PR]
by yumi-koma | 2014-11-16 08:15 | 日々のこと

食の彩り

d0198667_07243772.jpg
先日の3連休は実家へ帰省してきました。
いつものようにあたたかく迎えてくれる家族に感謝。
短いながらも家族との時間を満喫してきました(^^)
近くの神社の紅葉とコケ風景も鮮やかで、和みます。

その秋の彩りが、昨日いただいたランチにも広がっていました(*^^*)
d0198667_07244625.jpg
d0198667_07245319.jpg
ゆるカフェ日和manaya さん。大好きなお店です(^^)
もうね、私の写真ではその鮮やかさがうまく伝わらないので、
ぜひその目で見て、食するのが一番☆
食して健やかになる感覚が味わえる素敵なお店です。

d0198667_07250014.jpg
d0198667_07250821.jpg
ここにも秋の彩りがありました。
植物たちの、この何気なさに惹かれます。
「ママ、またじっと見てるー、撮ってるー」と言われながらです(笑)

帰省から今日までのこの1週間は、
“お久しぶりです!”のご挨拶とともに会いたかった方と会え、
たくさんの元気をもらえた日々でした。
その流れがとてもスムーズで、不思議な感覚。でも確かな感覚。

“出会うことの奇跡” の言葉を思い出しました。
ほんとうにそうですね。
今週会える方たちとも奇跡の出会いになりますね。
そう思うと、いつものことも何気ないことも輝きだします(^^)

[PR]
by yumi-koma | 2014-11-09 08:27 | 日々のこと

舞う葉たち

今月のパステル和みじかんは、はらりと舞う秋の葉を描く『秋風』
めぐる季節と流れるような秋の風を感じてもらえたら嬉しいです(^^)

d0198667_09290250.jpg

部屋に差し込むお日さまのあたたかさにホッとしながら
和みじかんの準備、完了(^^)

[PR]
by yumi-koma | 2014-11-06 09:49 | 日々のこと

d0198667_13452445.jpg
初夏、活版印刷機で栞を作るワークショップに参加しました。
上の写真の9枚。紙の質感や模様など種類が全部違います。
そのときのブログはこちら

道に迷わないように、枝を折って道しるべにした『枝折る(しおる)』が転じて
読んでいるページに挟んで分かるようにする『栞』になったそう。

栞といえば、本屋さんのレジ脇に無料配布で置いてあったり、
修学旅行のお土産に、紙でないしっかりとした材質のものを買ったことを思い出しました。
最近では娘が工作などで作ってきてくれることもあります(^^)
とはいえ、栞を使うことは今までほとんどありませんでした。

先日、小説2冊を図書館から借りてきたときに
読みかけのページを見て栞のことが気になって、作った9枚を取り出しました。

読んでいる本の装丁やページの質感、
内容とも雰囲気の合った栞を選んで使ってみました。

なんというか、いい感じです(*^^*)
d0198667_13453146.jpg
1冊目は少し厚めの真っ白な上質紙っぽい栞を。
今はロウ引きのような感じでちょっと透けている栞を使っています。

小説を読むのはとても、とてーも久しぶりです。
最近は仕事や学びに沿った書物や雑誌ばかりでしたから。

近所の図書館で目に留まった、穂高明さんの小説。
まったく知らない方でしたが穂高だから地元作家さんかな?
と思いきや、宮城県仙台市出身の方。しかも私と同い歳。

私にとって仙台は20代を過ごした大切な第2の故郷ですし、
同じ歳の人が作り出す物語ってどんなのだろう?
何度か前を通って、やっぱり気になって読んでみることにしました。

なんか、仙台に住んでいたころにタワレコやHMVによく立ち寄っては
CDのジャケ買いしてた頃を思い出しました(笑)

まだ読んでいる途中ですが、
仙台が舞台だけあって懐かしい言葉や方言も出てきたり、
主人公の女の子の小学生から大学生までの物語なので
そのころの自分や家族を思い出しては懐かしかったり、あらためて感じ取ったり。
物語と思いでを行ったり来たりしてるので、
かなりペース遅いですが(笑)時間を見つけては心地よく読んでいます(^^)

次はどんな栞を使いたくなるかなぁ~

そんな楽しみ見つけた 読書の秋、です。


[PR]
by yumi-koma | 2014-10-21 14:38 | 日々のこと

9月の水辺のマルシェにて

10日ほど前に開催されました、松本なわて通りの「水辺のマルシェ」。
いろんなワークショップがありましたが、
私は松本箒、娘はハーブクラフトを楽しみました(^^)

d0198667_12332460.jpg
米澤さんの松本箒(まつもとぼうき)
いつかは自分で作ってみたいなぁ~と思っていたので、楽しく体験させていただきました(^^)
d0198667_12334959.jpg
束ね方も糸の縛りも長く使える道具としての技がたくさんでしたが、
丁寧に教えていただけて、とても良い箒が出来上がりました。
上の写真は最後の仕上げチェックをしてもらっている様子(^^)
d0198667_12333230.jpg
ひとつひとつの糸の縛りは、ただ力を入れるでなくて、丁寧に思いを込める感じ。
持ち手の部分の、美しさ。ほんと素晴らしいです。

家に持ち帰り、3日間ほど乾燥させて出来上がりました。
ホウキモロコシのいい香り。
我が家では日々のテーブル箒として使っています。
愛着のある日常道具がまたひとつ加わりました(^^)

米澤さんの松本箒ワークショップ、今週末の「四賀にきましょ」イベントでも開催されますね♪


d0198667_12334239.jpg
娘は mother pocket さんの和紙のサシェづくりに参加しました(^^)
ハーブとスパイスを使って袋にデコレーションして、中に入れるハーブも娘オリジナル☆
[ラベンダー、ペパーミント、ローズヘッド、ローズマリー、ローズ、レモンバーム]

ローズやラベンダーのやわらかい香りに爽やかな香りも加わって、私も好きな香り(^^)

袋の下にさりげなく、ラベンダーの細かな手仕事っぷりにお母さん感心、です☆

[PR]
by yumi-koma | 2014-10-07 13:15 | 日々のこと

ヒマワリ~花のあと~

d0198667_16170077.jpg
深まる秋の前の、夏のなごり。ヒマワリの花のあと。

『うつむく姿に、母の強さを感じます』

園芸家の柳生慎吾さんがコラムにそう書かれていて、ハッとしました。


頭を下げて、たいせつな種たちが成熟するのを日差しや雨から守っている。

元気に咲くが終われば私たちはあまり気にもとめない姿かもしれませんが、
植物にとってはここからも大事なときですものね。


見慣れたヒマワリ。これからも季節が来るたびに感動させられる花のひとつですね。


【ヒマワリ】
■学名:Helianthus annuus
■分類:キク科ヒマワリ属
■別名:ニチリンソウ(日輪草)、サンフラワー
■原産地:北アメリカ
■花言葉:あこがれ、あなただけを見つめます



[PR]
by yumi-koma | 2014-10-02 15:11 | 日々のこと

ツユクサ

秋咲きの花が鮮やかですね。

その中でも道端のあちこちで見かけるツユクサ。青の色がとっても鮮やか(*^^*)
朝咲いて午後にはしぼむから朝露ごろの花として露草と名がついたそうですが、、、
わりと夕方までがんばって咲いていますよね(笑)
d0198667_05531226.jpg
ツユクサって梅雨時期に咲くと思っていて、6月に描いた「雨の日さんぽ」でもツユクサ入れてました。
けど、その時期には見かけなくて、9月入ってよく目に留まる。
初秋の雨に咲いているのを梅雨の時期と思い込んでいたのかしら、、、
それとも気候によって咲く時期が前後するのかしら、、、
今度は気に留めて観察することにします(^^)

梅雨のときに咲いていたのは下の写真の “ムラサキツユクサ” 
見るたびに「あれ?あなたでなくて、ツユクサはまだかい?」と思っていました。
d0198667_05533287.jpg
今時期もまだ咲いていました。花期長いですね(^^)


ある雑誌で青い花のことが載っていました。

花の色は、それぞれの花が花粉を運んでくれる虫に
色や香りを覚えてもらうために色を作り出しているそうです。
で、青花は虫が好まないから種類が少ないわけではなく、青を作るのが “めんどくさい”んですって!(笑)

だから少数派の青花は長い時間をかけてアピール大作戦を繰り広げていたのですね~尊敬しちゃいます

d0198667_05532234.jpg
その青花の中でもひときわ素晴らしい青を持つツユクサ。
昔から日本に自生していて、着物の下絵や浮世絵の染料に利用されていたそうです。
他にはない、青。日本の青と表現されてましたが、その通りだなぁ~と思います。

昨日、道行くなかでもいろんな青の花に出会いました(^^)


▼メドウセージ
d0198667_05540001.jpg
▼アサガオ
d0198667_05535123.jpg
▼ブータンルリマツリ
d0198667_05534193.jpg
おまけに昨日の青空。真ん中の雲が鳥の羽のようでした(^^)
d0198667_05540983.jpg

でもねぇ~、やっぱりツユクサの青が素敵だなぁ~~。


【ツユクサ】
■学名:Commelina communis
■分類:ツユクサ科ツユクサ属
■別名:青花(アオバナ)、帽子花(ボウシバナ)
■原産地:日本、東アジア
■花言葉:変わらぬ思い、尊敬、懐かしい関係 ほか
■全草を乾燥させたものを生薬として利用できるそう。
 鴨跖草(おうせきそう)と呼ばれ、解熱、利尿などの作用がある。



[PR]
by yumi-koma | 2014-09-27 06:50 | 日々のこと

カクトラノオ

d0198667_09111876.jpg
9月に入り、近所や道行く所々で見かけるこのピンクの花。

宿根草だから毎年咲いているはずですが、なぜか今年はよく目に留まる~。
仙台に住んでいたころによく見たなぁと感じるほど、久々に意識して見ています。

「あ~、久々に見るなぁ~。なんて名前だっけ?
 ミソハギ? 蝦夷ミソハギ? でも花が少し違うか、、、」

時おり本やサイトで調べてみても、なかなか正解に至らないこと1週間、、、。


d0198667_09115862.jpg
ふいに、やっと分かりました!

『カクトラノオ』
ハナトラノオやフィソステギアとも呼ばれます。

そうそうそう! そうだったー!あ~スッキリ(*^^*)


【カクトラノオ】
■学名:Physostegia virginiana
■分類:シソ科ハナトラノオ属
■別名:ハナトラノオ、フィソステギア
■原産地:北アメリカ
■花言葉:望みの成就、達成、希望
■花穂がトラの尾に似ていて、茎が四角いことからカクトラノオと呼ばれる

花言葉は下の方から花を咲かせ登っていく姿から付いたそうです。
花茎を見ると、芯がしっかりしていて力強い感じ。
真っ直ぐに空を見上げて咲く姿、とても印象的です。

ひとつひとつ、丁寧に。今私は、そんなふうに過ごしているかしら。
花を見ながら感じ取ることにします(^^)
d0198667_09121063.jpg
道行く田畑の、
稲の黄色、蕎麦の花の白色、大豆の葉の緑色が鮮やかで。
ついつい足をとめて眺めてしまいます。秋ですね(^^)

[PR]
by yumi-koma | 2014-09-19 09:36 | 日々のこと

かみさまとのやくそく

d0198667_05382287.jpg
今週、ドキュメンタリー映画「かみさまとのやくそく」をみに行きました。

子供たちの体内記憶、私たちのインナーチャイルド。

実際にあるなしでなくて、特別なことでなくて、
生まれてくることの素晴らしさやつながり。
自分と子供、自分と親。まわりの人たちすべて。

心がとてもやわらかになりました。

各地で上映されています。
ぜひ観てほしいです(^^)

「かみさまとのやくそく」ホームページ
http://norio-ogikubo.info/


d0198667_06214848.jpg


[PR]
by yumi-koma | 2014-09-13 06:23 | 日々のこと

koto koto - パステル和(NAGOMI)アートと花と緑のある暮らし


by yumi
プロフィールを見る