わたしの・あなたの30分

こんばんは。
今週は雪の影響で打ち合わせや講座の延期が相次ぎました。なかなか足元すっきりしない日々ですね。
和みじかんも延期となり、次回は2月の開催となります。
ご案内していました1月モチーフと2月のモチーフをご用意し、お好きな方を選んでもらおうと考えています。
日程等、決まり次第ご案内いたしますのでよろしくお願いします(^^)

d0198667_22382978.jpg
和みじかん開催のご案内の中に、
「9時30分には準備完了していますので、わたしの・あなたの30分 ”を楽しむ時間としてご利用ください」と記してあります。

【あなたのための30分】
この一文は 『1日の終わりの言葉』海原純子 著 という本で見つけました。
見開き右側には著者からのメッセージ。左側には夜を心地よく過ごすための精油やハーブを使っての日々のヒントが書いてあります。

今日はこのページ!というふうに、パッと本を開いて出たメッセージを読んでいたのですが、その一文にビビッときました!

その頃は時間の使い方がしっくりこなくて、いつも時間に追われていて、「やりたいこと」より「やらなければならないこと」にばかり気を向けていました。
寝たいのに、「やらなければならないこと」が気になってゆっくり寝てはいけないような気持ち。
自分の好きなことに使おうと思っていた時間も、なんか気になって結局家事や仕事に使ってしまう。

日々忙しくても、1日の中に30分の自分時間は何回か作ることができます。
私は家族の中で朝一番に起きるので、家事を開始するまでの30分。
朝、家族を送り出してから仕事をするまでの30分。
お昼を食べた後の30分に、夜子どもが寝た後の30分。
そして和みじかんが始まる前の30分(^^)

1時間は難しくても、30分だとけっこうコマめに使えます。

その30分、もちろん仕事や家事や学びにも使うけど、それってその時本当に「やりたい」と思ったことなのかなぁ、、、
好きなことをしているつもりでも「こういう自分であるべきだ」って視点で使ってないかなぁ、、、。そんなことを感じました。

以前ある方のセッションを受けたときに、心で感じたことを飛び越して頭で判断してしまうことがあるから、心がじわーっときたことを大切に。とのアドバイスをいただきました。

“疲れたなぁ~” と感じていてボーっと休息することを願っているのに、「いやいや、まだやることあるし、ボーっとするのは時間もったいないでしょ~」って心を飛び越しちゃうような。
これを繰り返していると、自分の心の声を無視するのに慣れちゃいそう。実際、私もそんな感じだったのだと思います。

もっと時間を上手に使って効率よくテキパキこなしたいともやはり思います。
それと同時に例えばなーんにもしたくないと思うことも「やりたいことだ~」と自分に素直にOKを出したいです(^^)

そんなこんなを思いめぐらせて、日々の30分、心がじわーっとくることを感じとっているかい?と寄り添ってみるタイミングにもなっているのですが、和みじかんの前もそれぞれの時間として使えればと思いました。

[PR]
by yumi-koma | 2016-01-21 22:37 | 日々のこと

koto koto - パステル和(NAGOMI)アートと花と緑のある暮らし


by yumi
プロフィールを見る