6月9日パステル和みじかん~rose garden~

おはようございます。雨のあとの清々しい朝ですね。
ここ最近は雨の日も多くて外は潤いましたね。
畑の水やりもお天気まかせで過ごせたのでありがたいです(^^)

今月の和みじかん、バラの絵を描いています。
ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。
d0198667_08165044.jpg
“ローズガーデン”をイメージしてアプローチや門などの背景を先に描きましたので、
メインのバラは最後のお楽しみ。のはずが、バラに至るまで皆さま集中が続いたせいか
「あぁ、つかれました~」「話しながら描こうと思ったけど、それどころじゃなかった~」の声

今回は描くパーツが多かったですよね(^^;
でも!仕上がった作品はとても素敵です。
写真だと分かりずらいですが、バラの品種がいろいろあるように同じピンク系と言っても選ばれている色が違いますので
描いたバラもそれぞれの雰囲気を見て楽しませていただきました。

ポイントとしました、バラの中心のはじまりや色付けのメリハリで花の向きを変えていくことや
アプローチなど数種類の色をランダム色づけして自然な風合いを出すことは
別のモチーフのときも使えるポイントですので、そのときにまたご紹介できればと思います(^^)

d0198667_08170057.jpg
d0198667_08171370.jpg

d0198667_08173378.jpg
d0198667_08174770.jpg
d0198667_08175869.jpg
今回のバラは型紙を使わずに棒消しを使って花びらを表現しました。
線で花びらを表現するのは最初はなかなか思い通りにならないかもしれませんが、
やはり実物を見てそのときの姿を描きとめるのが一番しっくりとくると思いますので、
季節もよいですしハガキサイズの画用紙とパステル、棒消しゴムのセットを持ってお出かけしてみてはいかがでしょうか(^^)

来週18日も同じモチーフで描きます。お待ちしています(^^)


豊科近代美術館のバラ園にて。
d0198667_08491937.jpg
同じバラ。満開もよいですが、咲き始めの姿がまた可愛らしい~
d0198667_08492868.jpg


d0198667_08493812.jpg
【安曇野】という名の修景バラ。
1989年に小野寺透さんが作出したバラで「のぞみ」というバラを親にして生まれたそうです。
調べてみましたら、日陰や病気、寒さに強く、棘も少なめだそうで育てやすい品種のようですね。
この時期のみの一季咲きではありますが、安曇野の清々しい今!を楽しむようなバラの花に感じました。
d0198667_08494703.jpg
d0198667_08495609.jpg
別の場所でのバラ風景。
【ブリーズ】という中輪咲きのバラを中心に、
この小ぶりちゃんも【桜姫】というバラです、このさりげない雰囲気好きです(^^)

新品種も日々多く作出されているバラですが、
その多くの中から“これがいい!”という出逢いがあればいいなぁと思っています。

[PR]
by yumi-koma | 2015-06-13 09:25 | みんなとkotokoto

koto koto - パステル和(NAGOMI)アートと花と緑のある暮らし


by yumi
プロフィールを見る