ふたつの絵と、キラキラの目

先日、和みじかんの会場として利用させていただいています
豊科学習交流センターきぼうに会場予約に行ったときに、
2階の多目的ホールで現在開催中の『安曇野市総合芸術展』の作品も見てきました。

同時に豊科美術館でも『友の会絵画部作品展』が開催されていまして
豊科きぼうと美術館の連絡通路を開放して
ふたつの作品展を楽しめるようになっていていました。
建物を行き来できたのですね!いつもと違うルートにちょっとワクワク(笑)


美術館へ歩みを進めたとき、油絵を展示されている方とお話しました。

「ヴェネチア」のタイトルでの絵は仲間と旅行に行ったときの風景。
“ここに描いた人は絵を描く仲間で、この人は奥さん。ここ行ったよねーなんて話すんですよ”

「錦秋の妙高」のタイトルの絵は、秋の鮮やかな紅葉を目の前にして描いたとのことで
“この色は家では絶対に出ない色なんだよねー。この空の青なんて出ないもの”
“見てみて、ここに葉っぱが付いてるんだよー。飛んできて付いちゃった”

話をしているときの、その方の表情がとっても良くて(^^)キラキラの目してました☆
20代から描き始めて今も楽しんでいる70歳代のおじいちゃん。とは言えないほど
表情も服装も若々しくてカッコいい方!

すーっと通り過ぎてしまいがちな鑑賞も、ご縁あって話を聞きながら見ると
絵はイキイキとしてきて、生きた絵になりました。一緒にその時を体感できた感じ。

描くことで共感し合えること。
キラキラした目やイキイキとしてくる絵。

嬉しいことに、私たちもパステルでそれを体感することができますね!
まだまだナビゲートが未熟ですが、
来月からのパステルじかんも、それらを感じられる会にしたい!そう思いました(*^^*)

4月のパステル和みじかんは4月9日(木)と14日(火)に開催します。
会場は豊科きぼうで10時から。ご都合のよい日にご参加ください。
詳細は追ってご案内します(^^)/

[PR]
by yumi-koma | 2015-03-12 06:41 | 日々のこと

koto koto - パステル和(NAGOMI)アートと花と緑のある暮らし


by yumi
プロフィールを見る