雪の結晶

d0198667_07403488.jpg
雪の結晶の写真を見たくて、図書館でみつけた本。
『雪の結晶ノート』

雪の結晶って写真やイラストでよく見るけど、
どうやってこのカタチになるのかは知りませんでした。

で、この本読んだら、
空気中に漂うほこりや花粉などのごく小さい“ちり”に
水分が付着して氷ることが結晶のはじまりなんですって!
雪の結晶でいう、6角形の真ん中の部分ですね。
冬の芸術品が“ちり”からはじまる!?

ちりが空へ舞い上がって水分と結び付いて、
結晶として美しく育って、また大地へかえる。

こんなところでも、めぐりがあるんだぁ~。
お互い関わり合っているんだぁ~。 感動です(*^^*)

雪の結晶。 見方が変わりました。
ただただキレイなだけでない、自然のめぐり。

そうなると、見たくなりますよねー!
学生のときに使った解剖セットのなかにルーペがあったのを思い出して、
いつでも見れるよう持ち歩いています。

春近づくこの頃ではありますが(笑)
冷えて雪が舞ってくれるのをひそかに待っています。

自然のめぐりと美しさ。
私たちはいい環境を共に作っているのかな、、、
雪の結晶からも教えてもらえそうです。

[PR]
by yumi-koma | 2015-02-06 08:11 | 日々のこと

koto koto - パステル和(NAGOMI)アートと花と緑のある暮らし


by yumi
プロフィールを見る