カクトラノオ

d0198667_09111876.jpg
9月に入り、近所や道行く所々で見かけるこのピンクの花。

宿根草だから毎年咲いているはずですが、なぜか今年はよく目に留まる~。
仙台に住んでいたころによく見たなぁと感じるほど、久々に意識して見ています。

「あ~、久々に見るなぁ~。なんて名前だっけ?
 ミソハギ? 蝦夷ミソハギ? でも花が少し違うか、、、」

時おり本やサイトで調べてみても、なかなか正解に至らないこと1週間、、、。


d0198667_09115862.jpg
ふいに、やっと分かりました!

『カクトラノオ』
ハナトラノオやフィソステギアとも呼ばれます。

そうそうそう! そうだったー!あ~スッキリ(*^^*)


【カクトラノオ】
■学名:Physostegia virginiana
■分類:シソ科ハナトラノオ属
■別名:ハナトラノオ、フィソステギア
■原産地:北アメリカ
■花言葉:望みの成就、達成、希望
■花穂がトラの尾に似ていて、茎が四角いことからカクトラノオと呼ばれる

花言葉は下の方から花を咲かせ登っていく姿から付いたそうです。
花茎を見ると、芯がしっかりしていて力強い感じ。
真っ直ぐに空を見上げて咲く姿、とても印象的です。

ひとつひとつ、丁寧に。今私は、そんなふうに過ごしているかしら。
花を見ながら感じ取ることにします(^^)
d0198667_09121063.jpg
道行く田畑の、
稲の黄色、蕎麦の花の白色、大豆の葉の緑色が鮮やかで。
ついつい足をとめて眺めてしまいます。秋ですね(^^)

[PR]
by yumi-koma | 2014-09-19 09:36 | 日々のこと

koto koto - パステル和(NAGOMI)アートと花と緑のある暮らし


by yumi
プロフィールを見る