活版印刷で栞づくり

でーん!
“手キン”と呼ばれる印刷機がお店入ってすぐ隣に置いてありました。
思っていたサイズよりは小ぶりで、ロボットが片手挙げて「やあ!よく来たね!」って感じでした(笑)
でも重量はしっかりあるそうです。
d0198667_05231726.jpg
昨日、栞日さんを会場に活版印刷ユニット「122press」さんのワークショップに参加してきました。
この印刷機がどんな働きをするのか、、、興味わきますよね~

d0198667_05233760.jpg
小さな文字ひとつひとつを組み合わせて文章をつくり、印刷する。
まさに手仕事。

今はプリンターでほいほいですからね。
このときがあって、今がある。
実物見てお話聞いていると、その歴史と人たちがとても尊く感じられますし、
知れて良かったーと思います。

d0198667_05234691.jpg
選んだ模様を丁寧にセットしてもらいました。
d0198667_05235489.jpg
かわいい模様ですよね♡
セットするのに板や金具で押さえている、このシンプルさがまた私は好きですね。
もう、この状態だけでも楽しく眺めていられる~(笑)

で、これを手キンにセットして、レバーを引いたり戻したりしながら
黒い円盤に付いてあるインクをローラーにうつし、模様に付ける。
そしてレバーを手前にギュッと引いてプレス。
d0198667_05240178.jpg
いろんな紙に刷りました。
紙の模様、色、手触り、透け感。この違い、た、楽しすぎるっ!
d0198667_05241398.jpg
裏には、プレスした跡がついてます。
力加減でこの出かたも違うと聞いたので、あらためて触ってみる。

あ、印刷された。そんな印(^^)

1~2日置いて乾かして完成。ただいま熟成中です☆・・・(^^)/

■122pressさん http://122press.blog.fc2.com/
■栞日さん http://sioribi.jp/ 


[PR]
by yumi-koma | 2014-07-06 06:17 | 日々のこと

koto koto - パステル和(NAGOMI)アートと花と緑のある暮らし


by yumi
プロフィールを見る