自分への贈りもの~ヘンプアクセサリー~

d0198667_7244323.jpg


今月から歌さんで、『冬の手仕事 自分への贈りもの
吉本有里さんのヘンプアクセサリー展が始まり、
昨日は娘と一緒にアクセサリーづくりをしてきました。

写真の左側が私が作り、右側が娘が作りました(^^)v

作る前、手をとり目を閉じ、心に見えてくるものをイメージしました。
私はキラキラと、華やかで輝くしくて、でも穏やかな感じと、
優しいイエローやグリーンなイメージ。

娘はまだ恥ずかしいのかモジモジ、モジモジ・・・(笑)

今年はじめに、娘が自分のおこづかいで「ママにも何かプレゼントしてあげる!」と言ってくれて、
数日前も思い出したかのようにそんなことを言うので、
じゃあ、手作りのアクセサリーを作って!と話になって親子で参加させてもらいました(^^)

そしたらお互いをイメージし合ってプレゼント交換にしようよ、と話になったのに・・・
娘、たっくさんのストーンやビーズなどを目にしたら目が輝き出し(笑)
やっぱり自分のを作りたくなったと(笑笑)
ということで、まさに自分への贈りものとして手仕事楽しみました(^^)

ポイントになる石を決めて作り始めると、娘のまぁ、材料選びの早いこと!
楽しさと直感と、次々に色を重ねて明るい仕上がりに、
私はのんびりじっくりと、アースカラーでやさしい仕上がりになりました。


今回、アクセサリーづくり楽しかったのですが、有里さんとお話するなかで、
大震災の被災地、石巻市や釜石市などへ年に数回歌を届けに行っていることを聞きました。
今年の夏は福島にも歌を届けにいくそうです。

来月の3月11日で震災から2年経ちますね。
復興に向けて家が建ち人が住んでの流れもあるなか、
仙台に住む友人の今年の年賀状には
「やっと職場の工事が始まった。まだ人材も材料も足りてないね」との内容もあり。

幸いにも、私のまわりでこれからの歩みについて考えて実行している人がたくさんいます。
いろんな情報やお誘いもありますが、なかなか参加したり実行できたりすることもできず
逆に何もできていない自分が切なかったりして・・・

でも、昨日有里さんと話すなかで、私ができることが見えてきました。
とはいえ、そんな大それたことではないんです。
この長野から被災地へ向けて足を運んでいる身近な人に会って、現地の話や思いを聞いて、今を知る。
そして私がなかなか行けない場所へ足を運ぶ人を応援する。
これが今、私にできることのひとつです(^^)
そうしたら、いろいろあふれる情報から、私が寄り添ってできることを選ぶことができるようになってきました。

あ、あの方に連絡とってみよう、話を聞いてみよう、って(^^)
今ごろやっとそう思えたかっ!とトホホな私ですが、今気がつけてよかった。うれしい。

今月12日のライブ、有里さんの歌とバイオリン、ギター楽しみです(^^)
有里さん、昨日もバイオリンとギターを持ってきていて、ほんの少し聴かせてくれました。
ふふふっ(^^)ライブ前に得した気分を味わえました。ありがとうございました(^^)

d0198667_8352961.jpg

有里さんは3月10日(日)に飯田市にあるオーガニック&エコロジーのお店 てくてく さんで
3.11メモリアルライブを開催します。
参加費の一部は2013年の被災地支援活動になります。

ん? てくてく?
家に帰ってチラシにあらためて目を通したら、会場がてくてくさん!?
私、オンラインショップで購入させてもらっていて、いつかは直接買いに行ってみたいなぁ~
と思っていたお店だったのでビックリ!
あれれ、これは引き寄せられたかな?3月のお楽しみできちゃったかな?(笑)
てくてくねっと』素敵なお店です(^^)


d0198667_8484623.jpg

昨晩、娘と作ったアクセサリーのイメージを話しました。

私は作っていくうちに、土の色、草木の色、花の色のように見えてきて
イメージに出てきたキラキラ穏やかは太陽や月の輝きだったのかな~と。
『いのちの輝き』名前つけるとなんか照れくさいけど(笑)
今年は自分も家族も皆んなもつながって輝けるといいな、と想いを込めて。

娘は「元気に暮らす!」「やさしい気持ち」「病気やケガをしない!」だそうです(^^)
元気に暮らすお守りだね。
まさに明るい未来、希望を願い感じる素敵なネックレスになったね(^^)
[PR]
by yumi-koma | 2013-02-03 09:16 | 日々のこと

koto koto - パステル和(NAGOMI)アートと花と緑のある暮らし


by yumi
プロフィールを見る